直径5mの日常。


ポッキーの真似。暇人が書き綴る忙しい毎日
by hyuga111
お気に入りブログ
以前の記事
カテゴリ
プロフィィル
好きなもの:
ゆず、お笑い

歌手:
ゆず、ジューク、ファンモン、
いきものがかり、

好きなお笑い芸人:
フルーツポンチ、しずる
はんにゃ、ジョイマン
オードリー、トータルテンボス

好きな科目:
世界史、英語、古典、
物理

部活:剣道、書道

好きな言葉:
・寧ろ鶏頭と為るも、牛後と為ること無かれ
・能ある鷹は爪を隠す

特技:
タイピング
(430文字/分)

好きな科目ランキング
①物理
②数学
③英語
④世界史
⑤化学
⑥古典
⑦国語
⑧現社
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

なぜ氷は溶けるときに、穴が開くのか。

僕は将来物理チックに生きるために、常にアンテナを張り、何か不思議なことがあったら、それを解決しようと思っている。

そして3日間自分で考えて、やっぱわかんねwwという時は吉田先生に聞く。

うん、最近でいうと、修学旅行のときの「なぜ、おしっこは飛行機と逆方向に加速しないのか」という疑問があった。

まあかなり簡単でした。えぇ、物理用語でいったら、ただの水平投射でした。

そんな感じで常にアンテナを張ってるんですけど、今回また新しく謎ができた。

なぜ氷は溶けるときに、穴が開くのか。

いや、まじでコレ不思議じゃないですか。

もうね、悩んだ。まじで悩んだ。わからなくて山田とかに聞いた。

「ああ、それジョイフルやろ?俺その穴にストローつっこむよ」というのを聞いて、若干萌えた。

っていうか、なんか氷にストローつっこんで、ツィーって吸い上げて、持ち上げるときに何秒もつ?みたいな話とかで、終わってしまった。

結局謎は全く解決せず。

いや、一応自分なりの答えはできたわけ。

「物体は蒸発する際に、物体の中心となる場所から溶けていく。」という仮定をとりあえず定めた。

そしたら、結構それで証明できることってあるんじゃないの?とか思ってきた。

ほら、マグマだって、真ん中どろどろじゃん的な。

それで、これきたwwとか思って、吉田先生に聞いたわけ。

そしたら、もうね、3日間悩んだ世紀最大の謎を3秒で物理チックに教えてくれました。
生物選択者はちょっと難しすぎてわかんないかもしれない。




「製氷機の違いじゃない?」



だって。

「家の氷、そんな溶け方する?」

「しないです・・・トホホ」

もうね、死にたかったでふ!
そして、蒸発して、風になりたかった。

最近運が悪いよ、まじで、身体測定終わったあと、おっしゃ5cm伸びたーつって、若干ノリノリ気味でね、
教室にinしたわけ。

そこは2年E組、担任赤嶺先生。1年前の悲劇再来つって。

頭の中にはプリンセスプリンセスの「M」の「So once again~♪」のところが流れてた。

生徒会のフリして「聴力検査終わった?」的なことを言おうとしたけど、ちらほら笑いが起こり始め、取り返せねぇとか思って、すみません!つって2年E組を出た。敬語wwどんだけヘタレww

うん、やっぱさ、高3という学院最高峰に君臨するわけだからさ、少しはわがままきくと思うんだよね。
自分が絶対みたいな。

「元2年E組の僕がここにきて何が悪い。逆に君たちがなんでここにいるの?」的な。

まあ、そんなの無理なわけで、とにかく、周りの視線感じて~風になりたいいいい

な最近でふ。
[PR]

by hyuga111 | 2009-04-19 02:14 | 日記
定期テスト >>