直径5mの日常。


ポッキーの真似。暇人が書き綴る忙しい毎日
by hyuga111
お気に入りブログ
以前の記事
カテゴリ
プロフィィル
好きなもの:
ゆず、お笑い

歌手:
ゆず、ジューク、ファンモン、
いきものがかり、

好きなお笑い芸人:
フルーツポンチ、しずる
はんにゃ、ジョイマン
オードリー、トータルテンボス

好きな科目:
世界史、英語、古典、
物理

部活:剣道、書道

好きな言葉:
・寧ろ鶏頭と為るも、牛後と為ること無かれ
・能ある鷹は爪を隠す

特技:
タイピング
(430文字/分)

好きな科目ランキング
①物理
②数学
③英語
④世界史
⑤化学
⑥古典
⑦国語
⑧現社
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

なんかね、人って過去と未来、同じ物質ですけど、考え方って超変わるじゃないですか。

だから、今の笑い話って結構過去に体験した真剣な話多くて、まあそれがとてもおもしろかったりするんです。

うん

なんでこんなこと思ったのかって、自分の携帯のminiSDカードを見てみたんです。

8割はゆずで占めてますけど、残り2割はなにかってね、なんか友達と遊んだときの動画とか
自分でとった動画が多かったりします。

なんか友達と友達が向かい合ってポテトを食べる、なんか恋人がよくやるゲームがあるじゃないですか。

ポテトをすこしずつ食べていくと…

チュッッ!きゃっ//キスしちゃった//

みたいなそんなやつですよ。

それの男と男バージョンの動画とか、くだらない動画がでてきたりして「あ~青春だな~」って黄昏れるわけです。


その中で5分間に及ぶ超大作が出てきたんです。

この動画なになに!!ってね、思いました。

ゆずの動画だったら「桜木町」とか「栄光の架け橋」とか名前をつけれますけど

自分のとった動画は「200780101301」みたいな感じで数字なんです。

だから、かなり緊張します。


どうしようどうしよう!!
なんか、自分がダンスしてる動画とか出てきたら!とか思って、その動画を開いてみたら

なんか案の定自分が写ってた。



あえて題名をつけるなら



「初めてのコンタクト」


うん、なんか僕が初めてのコンタクトをつけるということで悪戦苦闘している姿が描かれていた。

おそらくこれは高1の5月くらいだったと思います。

なんかね、一人で騒いでるの


「いや、これ無理だろ…」とか

「やべぇはいんねぇwww」とか

「僕目小さいし…」とか

「入ったら奇跡」とか

いって5分間の苦闘の末

コンタクトがはいった瞬間「しゃおらああああああああああ!!!」って拳を天に掲げて喜んでるの。





うん、きもい。

みんながきもいっていう理由がこの動画みた瞬間わかった。

自分を客観的に見ることはかなり必要ですね。

このように、1年前真剣にした出来事が1年後には、ブログに書くような笑い話になるんです。

で、思ったの。

今僕が本気に取り組んでることが1年後には馬鹿らしくなるかもしれない。

だから1年後笑えるように何かに真剣に取り組んでみたい。

たとえばね、なんか中2~高2にかけて詩を書く人がいますよね、よく。

今思えば僕は今まで詩というものをかいたことがない。

うん、ラブソング的なもの。

全くない。


これは恋をしないとかけないのか?いや違う。

いきものがかりの「コイスルオトメ」とかね、僕はいきものがかりのヴォーカルの聖恵さんが書いた詩かと思って
結構聞いてたんです。

だがしかし、ネットで誰が書いた詩なのか調べたら、あのギター弾いてる人じゃないか!!

男かよ!


その瞬間やられたね。

男なのに女の目線で書くという、完全にだまされたわけです。


だから思ったの。


僕は付き合ったことがないけど、あたかも付き合ってますよ的な詩をかいたらどうだろうかって思ったわけ。



たとえば、大学生になったとき僕のアパートに友達が遊びにくるわけです。


たかし「ってか、篠田ってさ、高校時代彼女とかいなかったの?」

篠田「え?俺?」←大学に入って「俺」デビューを果たした私。


たかし「いや~ほら、高校時代の彼女の話とか全然しないじゃん。」

篠田「え~?そうだっけ~?」

たかし「あっやっぱいなかったんだww」

篠田「え、いや、別に?え・・別に聞いたところで何にもなんないでしょ?」

たかし「まあ、そうだけど…て、えっなにこれ?」

そこには高2のときに書いたラブソング的な詩が書いてありました。


たかし「なんだよ!このラブソングかなりいいじゃん。ちょっと感動しちゃった。いつ書いたの?」

篠田「高2のときかな」


たかし「なんだよ!彼女いるじゃんか!びっくりさせんなって!びびったわ!」



的な流れになると思うんです。


だから一応彼女がいましたよ的なアリバイを作るために今がんばって「詩」を書こうと思います!


てか今がんばってラブソング的なものを書いてるんですけど・・・なかなか難しい。

1回試しでどんなものか書いてみたんです、えぇ。

思いつきでパーッって書いてみたんです。


タイトル「炎色反応」


花火をただの炎色反応としか考えられない理系男子と彼女とのやりとりを描いております。


いや~難しい。

完全な妄想ワールドなのでね、うん。

ま、ご要望があれば歌詞のせます。


そういえば、僕って高1のときに、「これ聞いたら絶対おちるwww」という理系用語の台詞を
ひたすら考えてましたね~。いや~懐かしい。

適当に女子に送って何人にひかれたことか。


「そんなに落ち込むなよ。俺が絶対値になってお前のマイナスなんて消してやるから」


くわぁぁあ、これを聞いたら、どんな僕みたいなブサイクがいっても100%落ちる!!


嘘です。世の中そんなに甘くない。


ま、こんな日記の最後に書くのもなんなんで、また夏休みの終わりあたりに

僕がこれまで考えてきたあま~い台詞をひたすら書き綴るコーナー設けようかな~。



では、さいなり!
[PR]

by hyuga111 | 2008-08-11 21:30 | 日記
<< 原空 チョコボール >>