直径5mの日常。


ポッキーの真似。暇人が書き綴る忙しい毎日
by hyuga111
お気に入りブログ
以前の記事
カテゴリ
プロフィィル
好きなもの:
ゆず、お笑い

歌手:
ゆず、ジューク、ファンモン、
いきものがかり、

好きなお笑い芸人:
フルーツポンチ、しずる
はんにゃ、ジョイマン
オードリー、トータルテンボス

好きな科目:
世界史、英語、古典、
物理

部活:剣道、書道

好きな言葉:
・寧ろ鶏頭と為るも、牛後と為ること無かれ
・能ある鷹は爪を隠す

特技:
タイピング
(430文字/分)

好きな科目ランキング
①物理
②数学
③英語
④世界史
⑤化学
⑥古典
⑦国語
⑧現社
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ストマックサウンド

今日はですね、学校出たの2:00だったもんですから、お腹空きすぎて
「udon is my energy」というスローガンにのっとって、一人でうどん食ってた。in豊吉うどん
その後マックにいって勉強するかって思って、マックにつき、自分の場所を探してた。
自分の場所を探してた。ってなんかいいわ。ジンと来た。

なんかカップルがマックで受験勉強してて、彼女が彼氏に勉強教えてもらってた。
はいはい、どうせ、愛の方程式を求めてんじゃねぇの?

ミカ「y=愛の解がわからない、ヒロ教えて」

ヒロ「判別式使ってみたらわかるよ」

ミカ「判別式?私たちの愛って判別式を使わなきゃわからないのかしら。」

ヒロ「そんなことはないさ、俺は既に答えわかってるよ。x=僕、君 だろ?」

ミカ「ヒロったら…」

的なやりとりしてんじゃねぇの?と妄想しながら、一人寂しく数学の勉強してました。
明日もマック行くと思うので、誰か一緒に勉強してくれる人を募集します。

うどん食べたばっかしのくせに、もう、お腹も空きすぎてエド・はるみかなんだから知らないけどグーグーなってるわけ、もう、おなかでグーを今年流行らそうと思うんですけど、そのグーを自由自在に操れるほどお腹が空きすぎたんです。

ところで、今の世の中はお腹のグーは恥ずかしいという概念が存在してるようで、その事に異を唱えたいんですけど、そもそも、なぜ恥ずかしいかということだよね、それはコントロールできない怖さということと、音が間抜けだということも一つ含まれてると思うんです。
また、みっともない音をいつ発音されるかわからない、いわばロシアンルーレット的な要素を含んでるからではないでしょうか。

その、もしお腹のグーの音がギターの音というか、それこそ、「ゆず」だったらな~とか思うんですけどね。
「あっ、今日は夏色のイントロだ」「ほうほう、yesterday and tomorrowと来ましたか」
などと、イントロクイズ感覚でお腹の音が鳴れば全然恥ずかしくないと思うんです。

しかし残念ながらお腹のグーというものは人の耳にしっくり来る音ではない。
しかもコントロールできないんですね。

なんか妹だが誰だか忘れたけどお腹が空きすぎて、たまにエレキギターのような、キュイーンと音の最後が1音上がるような1音チョーキングを聞いたことがあって、見習いたいんですけど

「そんな羞恥心のかけらもないような音を出してぁたしったらみっともない。」

なんて思う人も多いと思うんです。ってか妹がそうっぽい。

その、妹はお腹なるの恐れすぎて、朝コアラのマーチとか買ってるっぽいんですけど
そんなの気にしないで友達と昼休みお腹の音でセッションして、お腹のマーチを奏でたらええやん。とか思いますな。
「じゃあ、今日はぁたしがエレキ担当ね」
「じゃあ、私はベース」
「ドラムでいいわ」
「ボーカルどうする?もうボーカルいないから今日はクラシック的な感じでジャズを取り入れよう」
「バンド結成~バンド名どうする?」
「stomachs(ストマックス)というのはどうかしら?」
「いいわね、決定。」

的な妄想をいつもしてしまいます。

おそらく、お腹から音がなるという斬新さが嫌いなんだと思うわ。
その口から鼻水が出るという、あの感覚。

口から音を出しても別に嫌じゃないのは、口というのはそもそも発音する体の部位であるからなわけで、口から音が出ても不思議ではない。

けれどもお腹というのは、食べたものを分解する機能を備えているという意識が強すぎて、お腹は普通鳴らないものだと決めつける傾向がある、と思うんです。

お腹が鳴るのは、お腹が空いてる合図を出してるって前聞いたことがあります。
そんな、お腹空いてますよ~合図しなくても、そのお腹は私のお腹なんだから、合図されなくてもわかってるわ!ってお思いの方もいらっしゃるでしょう。

たしかに
「お腹が空いてる合図を出す」って変ですよね?

「でも、このお腹空いてる合図を出す」ということに関して蘊蓄を語らせてもらうと時はローマ帝国までさかのぼります。

ローマ帝国の貴族は寝ながらご飯を食べ、食べた直後に羽毛で喉をインスパイヤして、ゲロをだし、もう1回ごちそうを食べる。

って世界史で習いましたよね。

僕その本を読んだんですけど、まだローマ帝国には食事の規則というものがなかった。
ローマ帝国の貴族は1日中遊んでばっかりのイメージがありますけど実際、貴族は運動はしないので、「政治」か「食事」というとても退屈な生活なわけで、食事のときが一番幸せだったそうです。

それで、中にはお腹も空いてないけど、政治に参加したくないもんですから無理に1日中食事をする場所でくつろいでる貴族が現れたようで、それでは政治が乱れてしまう。
そこでお腹が空かないと食べてはいけないというルールを作ったそうなんです。
そこで、お腹空いてない貴族とお腹空いてる貴族をどうやって分けるかということになったんです。
もうおわかりでしょう。その時に使ったのが、そのお腹が鳴る、グーで判別してたそうです。
そうやって、古代ローマはお腹空いてる貴族だけご飯を食べて、そうでない貴族は政治にいく。というスタイルを確立させたそうです。

お腹のグーを証拠に、おなか空いてることを証明して食事にありつけたわけですね。



はい、嘘です。
そんなルールないわ!

そんなルールあったらローマ帝国気持ち悪いわ。

だからね、生理的欲求のときに、体の部位が触発するのはお腹だけということだけでも感謝しなきゃだめだよ。

おしっこ行きたいときに、なにかしら音が出るという機能を人間が備えていないだけでも感謝しようぜ。


そもそも、僕のお腹の音って、常に同じ音っていうか、全然エレキギターじゃないんですけど
そのホント、文字で書き表すなら「グー」これに尽きる。

全然バリエーションがなくておもしろくないんです。つまり、まあ誤魔化せるわな。
お腹がなる瞬間に口でハミングしたらハモれるわけで「Hum(ハミング)」と「グー」の不協和音というか、ハモネプで「喉にマイクを当ててベース音を出してますっ」っていう人いるけどね、お腹の音も合っていいと思うんです。

しかも、お腹に力を入れまくったら少しは抑えれる気がするんですけど、授業中にお腹がなった時どうするか。っていう話でお腹がなる瞬間に
机をずらして、あたかも「今のは机の音ですよ?お腹の音ではないんですよ?」っていうアピールするのもいいですね。

でも、そのアピールはその意図を気づかれると、いとをかし。

なんか前そんな感じで誤魔化してるのを見たことある気がするんですけど、
人って考えてることって大体同じなんだな~と改めて思いました。

そのお腹がなる突発性を人間は嫌うわけで、そこで登場したスキルというのが
「宣言」という技だよね。

前もって宣言すると、ある程度聴衆にも覚悟を決めてもらって、もしお腹がなったら
今の誰wwという雰囲気には未然に防げるし、笑ってもらえるということだよね。

人間の心理っておもしろい。

そのテストで例えるとアレだ。

「テスト勝負しようよ」
「いいけど、俺今回勉強してないから多分負ける」という、あの保険だよ、保険。

スポーツでもいい
「今日熱があるから多分負けるわ」という保険。

好きな女の子に
「大好きです。なんつって☆」とメールで送る、そんな保険。

これってホントずるいよね。

「大好きです。なんつって☆」とか、もう汚すぎる。

受け取った側が送信者のことが好きだったら「大好きです」に反応するし
別にそうでもなかったら「なんつって☆」の方に反応するわけで

保険をかけるような人間にはならないと決めこんでるんですけど
かくゆう私もお腹がなる前に「あっ奏でる」って言うわ、確かに、あれ便利。

しかし、よく考えてみてください。

自分と同じ音色のお腹の音を持った人と遭遇したことがありますか?

「私の悩みはお腹の音がエレキギター」という人もいるかもしれない。
「なんかベースっぽい」という人もいるかもしれない。

でもね、その音っていうのは自分の音でもあり、個性でもあるんです。
エレキギターが悩みかもしれないけど、周りからみたら「ラルクアンシエルみたいで格好いいわ~」って噂されてるかもしれないんだぜ?

僕の嫌いな言葉「オンリーワン」ですけど、いわゆる、このお腹の音はオンリーワン。
君だけにしか出せない音。

そんな自分のアイデンティティを示してくれる君だけのお腹の音というものをもっと大切にしてほしいと思う。

そんなストマックサウンドについてマックで考えた篠田くんの評論でした。
[PR]

by hyuga111 | 2008-09-28 01:33 | 評論
<< mixi 全統模試 >>