直径5mの日常。


ポッキーの真似。暇人が書き綴る忙しい毎日
by hyuga111
お気に入りブログ
以前の記事
カテゴリ
プロフィィル
好きなもの:
ゆず、お笑い

歌手:
ゆず、ジューク、ファンモン、
いきものがかり、

好きなお笑い芸人:
フルーツポンチ、しずる
はんにゃ、ジョイマン
オードリー、トータルテンボス

好きな科目:
世界史、英語、古典、
物理

部活:剣道、書道

好きな言葉:
・寧ろ鶏頭と為るも、牛後と為ること無かれ
・能ある鷹は爪を隠す

特技:
タイピング
(430文字/分)

好きな科目ランキング
①物理
②数学
③英語
④世界史
⑤化学
⑥古典
⑦国語
⑧現社
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

恋と数学

いや~なんか妹があと5日で俗に言う一ヶ月記念っぽいので日記書こうと思います。
どうせ、ホムペの日記のタイトルが「一ヶ月記念はーと」だろうが、どーせ!

まあそんな妹の恋愛事情はどうでもいいとして、数学にハマってしまった。

英検前なのに数学2時間やってしまうというくらいハマってしまった。

もう最近になって、やっとお父さんの数学好き遺伝子が来た感じで、やっと理系らしくなってきました。
いやね、もう数学の点数伸び悩む時期があって、新しいクラスになると身上調書ってあるじゃん。
そこに苦手な科目最近まで数学って書いてたくらい数学嫌いだった。

相変わらず、うちのpaboは数学を勉強しないというかわかってないというか、最近とか
「数学やる意味わからんし!」ってキレてるわけ。

数学を勉強する意味とはズバリ人にものを説明するときの論法を学ぶということだと思うんですけど、まあ、あれだよね。おまいさんもはひたすら恋の方程式を解いてるじゃんか。っていいたくなりますよね。

ところで、因数分解といった数ⅠAの内容は日常的に使うじゃないですか。
例えば、お店とかで101×99といった計算を暗算でしないといけないときとかは(100+1)(100-1)=10000-1=9999みたいな
感じで数ⅠAは便利便利。

でも数ⅡBとかベクトルって何に使うの?ってなるじゃないですか。
pベクトル=saベクトル+tbベクトルという公式覚えても日常で絶対使わんやん。

いやいや、でもな

ほら、やっぱ恋って数学より難しいじゃないですか。
って数ⅡBのチャートの最初のページに「大人の方程式」という物語で書いてたんですけど

そんな恋に悩んでる二人のカップルがいるわけですわ。

まあ仮にヒロとミカってことにすると

ミカ「ねえ、私たちってホントに愛を築けるのかしら。性格もほぼ対照的だし」
ヒロ「さあね」
ミカ「さあねってヒロ、ヒロは築けると思うの?」
ヒロ「ああ、俺は築けると思うね」
ミカ「なんで?」
ヒロ「ベクトルの公式しってる?」
ミカ「えっ!pベクトル=saベクトル+tbベクトルのことかしら」
ヒロ「そうそう、この公式が教えてくれることって何かわかる?」
ミカ「えっ…aベクトルにsを掛けて、bベクトルにtを掛けたら、1本のpベクトルになる…あっ!」
ヒロ「わかったかい?仮にaベクトルに僕、bベクトルに君を代入しようか、そして出来上がる1本のベクトルをiベクトルとしよう」

ミカ「sとtってなにかしら?」
ヒロ「相手を愛する気持ちの大きさだね。じゃあ公式にあてはめていくと…

s僕ベクトル+t君ベクトル=iベクトル、あっ違う。愛ベクトル。」
ミカ「きゃっ//ヒロったら//」

ていう展開になると思うんです。
うん、あると思います。

どんなに対照的な性格を持ち合わせたカップルだとしても、相手をどれほど愛するか、相手をどこまで許容できるか、という気持ちの大きさ、(s、tの値)でどのような一本の愛ベクトルを築けるか、ということになると思うんです。

そうそう、数学は恋の公式でもあるんですね。
って付き合ったことない男が語ってますけど。

いや、なんで恋をそんなに疎遠するかってさ、恋とか愛って嘘と偽りが交差してるじゃないですか。

例えば、ここで、優が初登場するわけなんですけど

優「ミカってさ、今まで付き合った人何人?」
ミカ「優が初めて…」

って、まあ嘘をいってしまうじゃないですか。

なんか男は彼女が初めての彼女であることを望み、女は彼氏が最後の彼氏であることを望む。って、よく現代の男女の恋愛風潮を皮肉った感じで言われるように。

だからミカは優に初めてって嘘を言ってしまうわけですね。

原作では、なんか優が前の恋のトラウマを忘れさせるみたいな、よく覚えてないんですけど
アレだけ覚えてる。なんか別れる前にミカにむかってピースしたんだっけ?で、1つの意味は頑張れの意味とあともう一つは…あっやっぱ覚えてない。

なんかくっだらねーwwとか思ったのは覚えてるんですよ。

いやーなんかみんな恋空恋空いうからさ、恋空ってなんだよ!とか思って携帯で検索したら恋空あったんで読んでみたんですね中3のとき。

なんか一番最後は確かに感動した気がする。
だって中3だもん。まだまだ純粋じゃないですか。
全ての事象を素直に受け入れる年頃じゃないですか。

それがまあ2年後こんなにもひねくれるとは夢にも思わなかったんですけど

よくよく考えたらあんなん恋空って純粋なワードは全然含まれておらず

実際レイプだの妊娠だの子供産むだのすったくれーじゃーので不純じゃないですか。

もう恋空とか携帯小説レベルの水準は満たしてて、携帯で読むのはまあよしとする。
お金払って買うのはちょっと…じゃないですか。

いや、なんか妹の部屋って一応本棚があって、教材とか絶対置いてなくて
床に散乱してるんですけど、この間本棚にどんな本があるのかみたら

恋空が置いてあった。

しかも恋空(上)恋空(下)まで置いてあった。

いやいや恋空(上)を買って読んだ時点で、笑えるんですけど
あの子ったら上下買ったらしい。

しかも読み終えた後、絶対ホームページに「恋空やばかった><泣ける><」とか書いてそう。

はいはい、どーせヒロが実はガンだった。ミカに迷惑かけられないから別れた。というのがヒロの言い分じゃないですか。

その表面上ではない相手を思いやる気持ちの値、それこそsの値が大きすぎて、この値の大きさに世の学生たちは「こういう彼氏ほすぃ」ってなったと思うんですけど

いやいや待ってください。

もし仮に別れたあとにガンが分かってたら?って話ですよね。

ガンだと分かって、今の彼女からフラれたから元カノとヨリ戻すかってなるじゃないですか。
恋空ファンは「いやそんな事書いてない!」って言うと思いますけど

実際あの恋空なんたらはミカ自身が書いたものであって、実際「ミカの勘違い日記」かもしれないじゃないですか。

だから、この場合数学でいうと場合分けをしないといけないんです。

i)ミカと別れてガンだと分かった場合と
ii)ガンだと分かってミカと別れた場合

(i)と(ii)全然違うじゃないですか。


うん、だからなんかもう、こうやって考えると、ぶっちゃけると表面上の愛って虚じゃないですか。

複素数i(愛)も虚数単位じゃないですか。

な?こういう恋愛事情も一つの公式として収斂する数学ってホント凄いと思います。

数学ってさ、最終目標があるわけじゃん。

その恋愛での最終目標は人それぞれだと思うんですけど、まあその目標を達成するなかで
やっぱりカップル同士が喧嘩することってよくあると思うんです。

それが数学でいうと公式間違ってたりするわけで、ちょっと視点を変えてみよう。
ってことで数学の他の公式を使ったりするわけです。

別れてしまった後にあのときあのときこうしとけばよかった…って思うのも、数学でいうと計算ミスです。

だから計算ミスって致命的で、ああすれば良かったなじゃもう遅いんです。

一つの計算ミスがこれから先の全ての出来事の歯車を全部狂わせるんです。

だから恋と数学って似てるよね。

にも関わらずだ、妹は恋ばっかりしてて数学とか全く勉強しないの。

数学は恋であり、恋は数学である。という自作の名言をいつかは誰かの口から口へ朽ちる前に伝えていきたいんですけど、もうね、僕と妹は性格が対照的すぎる。

嗚呼もうこの世から恋とかなくなればいいのにね。

もし仮に僕が恋をしてしまって、ほらもう好きという気持ちがあふれそうになったら告白するじゃないですか。

僕だったら数学と恋がドッキングした感じで告白すると思います。

「もうホント大好きです!なんていうか・・・この気持ち無理数です。」


無理数って√2みたいな永久に数字が続いて「言い表せません」的なね。
うん、みんなも「この気持ちは無理数」使ってみるといいよ。

どっちにしろ僕みたいな人が告白しても相手からは「いや~無理。」って言われるでしょうが。
[PR]

by hyuga111 | 2008-10-19 22:13 | 日記
<< 責任転嫁 エンジョイマン >>